« Logger32のLogbook | トップページ | コールサインに/Pを付けてみた »

2019年6月30日 (日)

エアコンの掃除

エアコンから水が垂れるとの事で朝からエアコンの点検。

まずはカバー外しから。

Img01492-1280x960

カバーは前面にあるネジで固定されているだけ。これを外せば取れます。
Img01493-1280x960

その前にルーバーを外します。というか、カバーがルーバーに引っかかるので外さないと作業が進まない。ルーバーは右にずらす(ルーバーを反らして)事で外れます。
Img01495-1280x960

ドレンに水は溜まってなくて、いろいろ調べたらルーバー上のプラスチックケースが冷えてそこで結露して滴った模様。梅雨時にこれは仕方がないと判断。

しかし、内部の汚れがひどい。特にファンのカビ。これはなんとかせねば、と言うことで早速ホームセンターへ。近所のホームピックは朝7時に開店。

購入したのは2本セットのクリーナー。
Img01485-960x1280

45リットルのゴミ袋を2枚、割り箸で開口部を確保してエアコンの下にガムテープで固定。
Img01481-1280x960

全体を見るとこんな感じ。床にはタオルを引いてタレ対策。
Img01483-960x1280

ムース缶で内部にムースを散布。歯ブラシでファンを下からゴシゴシ。
Img01487-1280x960

そもそも買ってきたクリーナーは冷却フィン洗浄用だったので(買ったときは気が付かなかった)これを洗浄するだけの容量がリンス缶にはないので、スプレー容器を空にして水を充填。まずは、この水で洗浄。
Img01488-1280x960

その後リンス缶で洗浄して、汚れを拭き取り、エアコンスイッチONでファンの汚れた水を吹き飛ばし、それを拭き取って、掃除完了宣言。

再びケースをはめて、ルーバーを取り付けて。
Img01491_burst01-1280x960

ワンポイントアドバイス:エアコンスイッチオンでファンが回転すると、汚れが飛び散るので、吹き出し口にタオルを当てておくべし。

とりあえずファンの汚れは取れて、清潔感復活。1時間20分ほどの作業でした。

 

« Logger32のLogbook | トップページ | コールサインに/Pを付けてみた »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Logger32のLogbook | トップページ | コールサインに/Pを付けてみた »

フォト
無料ブログはココログ
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31