« Lenovo V530 Mini Tower到着 | トップページ | ESXiの固定IP化 »

2019年12月26日 (木)

V530ファーストインプレッション

なかなか良いと思う。期待通り。

ThinkPadからVM環境を3つ持ってきた。

  • VMWare Player/CentOS7/WordPress
  • VMWare Player/ESXi (ICOS Manager+Accessor)
  • VMWare Player/ESXi (ICOS Slicestor x 3)

つまり、合計6つの仮想サーバーが動いていることになる。この上で、ホストOSであるWindows 10上でTeamViewerを走らせて、ターミナルをリモートアクセスできるようにしている。WordPress上での編集作業やICOS Manager GUI上でのアドミ作業など、サクサク動く。
この状態でのパフォーマンスモニター。

Performance

さすがにメモリーは残り僅かとなっているけれど、CPUは余裕ある。チェック用にICOSをESXiで走らせているのは、その中のエージェントが常にディスク整合性やノード間の通信チェックしているからで、ThinkPad E503 (CORE i3) ではほぼほぼCPUが100%になっている状態だったけれど、V530では20%程度。

さすがCORE i9 9900。これは良い滑り出し。

« Lenovo V530 Mini Tower到着 | トップページ | ESXiの固定IP化 »

無線と実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Lenovo V530 Mini Tower到着 | トップページ | ESXiの固定IP化 »