« Spectrum Scale - OpenStackへの扉 その2 | トップページ | Spectrum Scale - OpenStackへの扉 その4 »

2020年4月 4日 (土)

Spectrum Scale - OpenStackへの扉 その3

Unified Accessを試してみる(但しNFSとSwift)

Unified Accessが出来るようになった。
しかしFileの世界でのファイル操作はObjectの世界を通らないのでObjectは気が付かない。
つまり、Objectの世界の誰かがFileの世界から行われたファイル操作を見にこないといけない。その視点で操作してみる。

Fileの世界で手元にあったunified-out.txtをObjectのバケットにコピーする。
[root@s3group1 gpfsfs01]# cp /root/work/unified-out.txt obj_unified01/s17392004030z1device1/AUTH_b8f1a4a6c40d4e90bfc7a57ed09674bf/bucket01
[root@s3group1 gpfsfs01]# ls obj_unified01/s17392004030z1device1/AUTH_b8f1a4a6c40d4e90bfc7a57ed09674bf/bucket01 -l合計 17
-rwxr-xr-x 1 user1 user1  334  4  3 17:24 object01
-rwxr-xr-x 1 swift swift 6225  4  3 18:06 pnode-s1.txt
-rw-r--r-- 1 root  root  6520  4  3 23:17 unified-out.txt
念の為ファイルのモードを666にしておいた。
[root@s3group1 gpfsfs01]# chmod 666 obj_unified01/s17392004030z1device1/AUTH_b8f1a4a6c40d4e90bfc7a57ed09674bf/bucket01/unified-out.txt
[root@s3group1 gpfsfs01]# ls obj_unified01/s17392004030z1device1/AUTH_b8f1a4a6c40d4e90bfc7a57ed09674bf/bucket01 -l合計 17
-rwxr-xr-x 1 user1 user1  334  4  3 17:24 object01
-rwxr-xr-x 1 swift swift 6225  4  3 18:06 pnode-s1.txt
-rw-rw-rw- 1 root  root  6520  4  3 23:17 unified-out.txt
[root@s3group1 gpfsfs01]#

では、バケットの中身をswift側から見てみる。
[root@s3group1 work]# swift list bucket01
object01
pnode-s1.txt
Fileの世界で保存したunified-out.txtが見えない。
でもダウンロードは出来るようだ。実際以下は成功して、uuu.txtとしてダウンロードできた。
[root@s3group1 work]# swift download bucket01 unified-out.txt -o ~/work/temp/uuu.txt
unified-out.txt [auth 0.457s, headers 0.635s, total 0.635s, 0.037 MB/s]

ランチから帰って確認してみるとObjectの世界でもunified-out.txtが確認できた。つまり同期完了。
[root@s3group1 work]# swift list bucket01
object01
pnode-s1.txt
unified-out.txt

Spectrum ScaleにはobjectizerというFunctionがあるそうだ。これは定期的にFileの世界を確認してObjectとの世界との同期を維持する。定期的ということはIntervalがあるということ。このIntervalは、mmobjコマンドで取得できる。
[root@s3group1 work]# mmobj config list --ccrfile spectrum-scale-objectizer.conf --section DEFAULT --property objectization_interval
objectization_interval = 1800
この時間、1800。単位は秒。つまり30分ごとに同期を取ることになる。これは時間が掛かるわけだ。
このIntervalを短くする。ここでは120、つまり2分。これもmmobjコマンドで実行する。
[root@s3group1 work]# mmobj config change --ccrfile spectrum-scale-objectizer.conf --section DEFAULT --property objectization_interval --value 120
念の為の確認。
[root@s3group1 work]# mmobj config list --ccrfile spectrum-scale-objectizer.conf --section DEFAULT --property objectization_interval
objectization_interval = 120

早速確認をしてみる。ファイルの世界で手元にあったauth-out.txtをバケットに保存した。
[root@s3group1 gpfsfs01]# cp /root/work/auth-out.txt obj_unified01/s17392004030z1device1/AUTH_b8f1a4a6c40d4e90bfc7a57ed09674bf/bucket01
[root@s3group1 gpfsfs01]# chmod 666 obj_unified01/s17392004030z1device1/AUTH_b8f1a4a6c40d4e90bfc7a57ed09674bf/bucket01/auth-out.txt
[root@s3group1 gpfsfs01]# ls obj_unified01/s17392004030z1device1/AUTH_b8f1a4a6c40d4e90bfc7a57ed09674bf/bucket01 -l合計 25
-rw-rw-rw- 1 root  root  7516  4  4 09:26 auth-out.txt
-rwxr-xr-x 1 user1 user1  334  4  3 17:24 object01
-rwxr-xr-x 1 swift swift 6225  4  3 18:06 pnode-s1.txt
-rw-rw-rw- 1 root  root  6520  4  3 23:17 unified-out.txt
[root@s3group1 gpfsfs01]#

直後には反映されていない。
[root@s3group1 work]# swift list bucket01
object01
pnode-s1.txt
unified-out.txt
2分以内に反映された。これならストレスは少ない。
[root@s3group1 work]# swift list bucket01
auth-out.txt
object01
pnode-s1.txt
unified-out.txt
[root@s3group1 work]#

以上でUnified Accessの基本設定は完了だ。

« Spectrum Scale - OpenStackへの扉 その2 | トップページ | Spectrum Scale - OpenStackへの扉 その4 »

ソフトウエア導入」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Spectrum Scale - OpenStackへの扉 その2 | トップページ | Spectrum Scale - OpenStackへの扉 その4 »

フォト
無料ブログはココログ
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31