« Spectrum Scale - Unified Accessまとめ | トップページ | Google My Mapの使い方 »

2020年4月 6日 (月)

Spectrum Scale - 振り返り

 

振り返り- その1

Protocolノードをインストールした訳だけれど、今回の構成はいろいろと考慮点があるようだ。

まずCES IP。今回CES Groupは2ノードで構成して、それにCES IPを一つ割り当てた。
この構成では、このCES IPはどちらかのノードに固定的に割り当てられているそうだ。つまり、2ノードの内1ノードしかアクセスを受け付けていないことになる(片方は遊んでいる)。そもそもCES Groupを構成した目的が可用性確保であれば、この構成はActive-Standbyとなり、CES IPが割り当てられているノードがダウンした場合、このCES IPは他方のノードに動的に再割当てが行われる。クライアントはCES IPをアクセスしにくるので、これは大変にありがたい。
仮に、通常状態でも2ノードを働かせたい場合はCES IPを2つCES Groupに割り当てればよい。それぞれのノードにCES IPが割り当てられるので、両CES IPを上手くアクセス出来れば負荷分散が可能となる。もちろん片方のノードがダウンすれば両CES IPは生きているノードに片寄される。
ここでの問題は両CES IPを上手くアクセスする方法だが、これはScaleの外で解決してもらう必要がある。外部ロードバランサーやDNS Round Robinなどの利用が想定される。

つまり、Spectrum ScaleにはLoad Balancing機能がない。複数ノードでCES Groupを構成する場合、この部分の考察がないとノード数を増やす意味が薄れる(可用性はあがるけれども)。

« Spectrum Scale - Unified Accessまとめ | トップページ | Google My Mapの使い方 »

ソフトウエア導入」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Spectrum Scale - Unified Accessまとめ | トップページ | Google My Mapの使い方 »

フォト
無料ブログはココログ
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31