« Google Search Consoleとの連携 | トップページ | 木曽川と伊奈川の発電所についてメモ »

2020年5月 4日 (月)

ホームページ埋め込み地図

ホームページに埋め込む地図の比較。特に地形地図。目的は山城跡地を地形地図で確認し、マーカを置くこと。

比較したのはGoogle Map、Yahoo Map、ゼンリンNAVIの3つ。いずれもホームページに埋め込むHTMLを提供してくれる。

GoogleはStreet ViewやMy Mapなどは超優れものだけれども地形地図はいただけない。まず等高線が20Mおきで、尚且つすごーくデフォルメしている。これではどこに尾根や平地があるかわからない。任意のマーカも置けない。以下はGoogle Map表示のスクリーンコピー。本来ならホームページ埋め込み画面を乗せたかったのだが、地形地図は埋め込みがサポートされていなかった。これも残念。
Google

Yahoo Mapも同様に等高線が20M間隔止まり。マーカが置けない。
Yahoomap
やっぱりゼンリンは優れもの。等高線が10M間隔で、尚且つ非常に忠実に地形を表している(ようだ)。そのため、他の測量情報とのクロスリファレンスが出来る。つまり、山城跡地がこの地図上で特定できる。任意のマーカも置くことができる。ズームもOKだし、細かなスポットの記載もある(Google Mapには出てこない小さなスポット)。ただ一つ難点は、地図のロードがめちゃくちゃ遅いこと。
Zenrin

まぁ、必要な情報が得られない地形地図は用をなさないので、展開速度が遅くともゼンリンが唯一の選択肢となった。

« Google Search Consoleとの連携 | トップページ | 木曽川と伊奈川の発電所についてメモ »

ツールの使い方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Google Search Consoleとの連携 | トップページ | 木曽川と伊奈川の発電所についてメモ »

フォト
無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31