« Raspberry Pi 4B オーディオ出力先設定 | トップページ | Kubernetesテストペンチへの道 その1 Kubeインストール »

2020年8月13日 (木)

CentOS7 でresolv.confが上書きされる


自前のDNSを立てて、そのDNSを使うようにサーバーのresolv.confを編集したけれども、リスタートする度に誰かに上書きされてしまう現象。CentOS 7.7での出来事。インターネットでいろいろと調べて、結局以下の方法で解決(先人の知恵に感謝)。

まず、元に戻ってしまった(上書きされた)resolv.confは以下の通り。
[root@localhost ~]# cat /etc/resolv.conf
# Generated by NetworkManager
nameserver 192.168.1.1
nameserver 2404:1a8:7f01:b::3
nameserver 2404:1a8:7f01:a::3

nmcliでネットワーク設定を見てみる。以下はens160の設定内容。IP4.DNSが設定されている。多分この値で上書きされてしまうのだろう(他に変更前の情報が保存されている場所が思いつかない)。
[root@localhost ~]# nmcli d show
前略
IP4.ADDRESS[1]: 192.168.1.131/24
IP4.GATEWAY: 192.168.1.1
IP4.ROUTE[1]: dst = 0.0.0.0/0, nh = 192.168.1.1, mt = 100
IP4.ROUTE[2]: dst = 192.168.1.0/24, nh = 0.0.0.0, mt = 100
IP4.DNS[1]: 192.168.1.1
IP6.ADDRESS[1]: 240b:11:4541:9100:d349:93db:2bac:483d/64
IP6.ADDRESS[2]: fe80::ecaf:5d0c:edb4:12b/64
IP6.GATEWAY: fe80::221:d8ff:fe60:e3c8
IP6.ROUTE[1]: dst = 240b:11:4541:9100::/64, nh = ::, mt = 100
IP6.ROUTE[2]: dst = ::/0, nh = fe80::221:d8ff:fe60:e3c8, mt = 100
IP6.ROUTE[3]: dst = fe80::/64, nh = ::, mt = 100
IP6.ROUTE[4]: dst = ff00::/8, nh = ::, mt = 256, table=255
IP6.DNS[1]: 2404:1a8:7f01:b::3
IP6.DNS[2]: 2404:1a8:7f01:a::3
後略

NetworkManager.confを編集。[main]セクションにdns=noneを追記。
[root@localhost ~]# vi /etc/NetworkManager/NetworkManager.conf
前略
[main]
#plugins=ifcfg-rh,ibft

dns=none
[logging]
後略

NetworkMangerの再起動。
[root@localhost ~]# systemctl restart NetworkManager

この後、resolv.confを編集。
[root@localhost ~]# vi /etc/resolv.conf
# Generated by NetworkManager
nameserver 192.168.1.250 << これが私のDNSサーバー。毎回この行が消えていた。
nameserver 192.168.1.1
nameserver 2404:1a8:7f01:b::3
nameserver 2404:1a8:7f01:a::3
~
nmcliにてipv4.dnsエントリーを消去して、NetworkManagerを再起動する。
[root@localhost ~]# nmcli c mod ens160 ipv4.dns ""
[root@localhost ~]# systemctl restart NetworkManager

resolv.confが上書きされていないか確認。
[root@localhost ~]# cat /etc/resolv.conf
# Generated by NetworkManager
search flets-east.jp iptvf.jp
nameserver 192.168.1.250   << 残っている
nameserver 192.168.1.1
nameserver 2404:1a8:7f01:b::3
nameserver 2404:1a8:7f01:a::3
[root@localhost ~]#

nmcliにて現状を確認。ens160からIP4.DNSが消えている。これで上書きされる元データがなくなった(多分)。
[root@localhost ~]# nmcli d show

IP4.ADDRESS[1]: 192.168.1.131/24
IP4.GATEWAY: 192.168.1.1
IP4.ROUTE[1]: dst = 0.0.0.0/0, nh = 192.168.1.1, mt = 100
IP4.ROUTE[2]: dst = 192.168.1.0/24, nh = 0.0.0.0, mt = 100
IP6.ADDRESS[1]: 240b:11:4541:9100:d349:93db:2bac:483d/64
IP6.ADDRESS[2]: fe80::ecaf:5d0c:edb4:12b/64
IP6.GATEWAY: fe80::221:d8ff:fe60:e3c8
IP6.ROUTE[1]: dst = 240b:11:4541:9100::/64, nh = ::, mt = 100
IP6.ROUTE[2]: dst = ::/0, nh = fe80::221:d8ff:fe60:e3c8, mt = 100
IP6.ROUTE[3]: dst = fe80::/64, nh = ::, mt = 100
IP6.ROUTE[4]: dst = ff00::/8, nh = ::, mt = 256, table=255
IP6.DNS[1]: 2404:1a8:7f01:b::3
IP6.DNS[2]: 2404:1a8:7f01:a::3

この状態でDNSに登録さてれいるサーバー名でnslookupを実行すると、ちゃんとResolveされた。

これで大丈夫みたい。

« Raspberry Pi 4B オーディオ出力先設定 | トップページ | Kubernetesテストペンチへの道 その1 Kubeインストール »

ソフトウエア導入」カテゴリの記事

ツールの使い方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Raspberry Pi 4B オーディオ出力先設定 | トップページ | Kubernetesテストペンチへの道 その1 Kubeインストール »

フォト
無料ブログはココログ
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31