« Raspberry Pi 4 Model でWebIOPiを動かす | トップページ | restlet serverを立ち上げる »

2020年9月 7日 (月)

WindowsでのボリュームのUUID取得方法

mountvolコマンドがボリュームごとのUUIDを教えてくれる。以下、実際に実行した結果。

> mountvol

MOUNTVOL [ドライブ:]パス /L
MOUNTVOL [ドライブ:]パス /P
MOUNTVOL /R
MOUNTVOL /N
MOUNTVOL /E
MOUNTVOL drive: /S

パス マウント ポイントを常駐させる既存の NTFS ディレクトリ
を指定します
ボリューム名
マウント ポイントのターゲットとなるボリューム名を指定しま
す。
/D 指定されたディレクトリからボリューム マウント ポイント
を削除します。
/L 指定されたディレクトリのマウントされているボリューム
の一覧を表示します。
/P 指定されたディレクトリからボリューム マウント ポイントを削除
してボリュームをマウント解除し、ボリュームをマウントできな
くします。
ボリューム マウント ポイントを作成して、もう一度ボリュームを
マウントできるようにします。
/R システムに存在しないマウント ポイント ディレクトリとレジストリ
設定を削除します。
/N 新しいボリュームの自動マウントを無効にします。
/E 新しいボリュームの自動マウントを再び有効にします。
/S EFI システム パーティションを与えられたドライブにマウントします。

現在のマウント ポイントとボリューム名の考えられる値:

\\?\Volume{d8c96858-013e-448c-88c0-aad7073adb6c}\
C:\

\\?\Volume{d6814e02-d6cf-4770-a63c-7326713e8cc5}\   << 復旧ディスクイメージか?
*** マウント ポイントなし ***

\\?\Volume{a703afbb-9e7f-49f9-8853-78e9c6799f32}\
D:\

\\?\Volume{6f058994-0000-0000-0004-000000000000}\  << USB HDD
I:\

\\?\Volume{0a58b3d2-0000-0000-0000-100000000000}\  << USB HDD
J:\

\\?\Volume{306a6679-b98e-4d50-9ab8-23c80712d71f}\
*** マウント ポイントなし ***

\\?\Volume{9140591b-20d1-11ea-90ad-806e6f6e6963}\   << DVDドライブ
E:\

\\?\Volume{6313d6d5-263b-11ea-90b4-005056c00008}\   << 仮想DVDドライブ
G:\

\\?\Volume{8f7a1c8c-e53e-11ea-90cd-806e6f6e6963}\   <<仮想DVDドライブ
F:\

 

« Raspberry Pi 4 Model でWebIOPiを動かす | トップページ | restlet serverを立ち上げる »

ツールの使い方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Raspberry Pi 4 Model でWebIOPiを動かす | トップページ | restlet serverを立ち上げる »

フォト
無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31