« TWELITE 中継機 | トップページ | Windows 10にMySQLをインストールする »

2021年1月19日 (火)

Windows 10にMinGW-W64をインストールする

Windows 10にMinGW-W64をインストールしたので備忘録。

まず、MinWG-E64-install.exeのダウロード元は以下のとおり。

https://sourceforge.net/projects/mingw-w64/files/

先人の知恵にはwww.mingw.orgを参照するものが少なくないが、そのURLは今や存在していない。どうやら、別のURLに引っ越しているみたいだけれどもそこもまだ工事中らしくDownloadタブが機能していない。なので上記からのダウンロードになる。

上記URLの以下からmingw-w64-install.exeをダウンロードする。
Install0

上記exeを走らせると以下の設定画面が出るので、x86_64を選ぶ。
Install1

Defaultのインストール先はProgram Filesフォルダー下になる。パスが深く複雑になる上に空白文字を含むのでうまくない。なのでもっと扱いやすい場所にインストールするのがよい。

このインストーラは環境変数を更新してくれないので、自分で更新する。

スタート -> Windows システムツール -> コントロールパネル -> システム(アイコン表示の場合)-> システムの詳細設定 -> 環境変数

Pathにbinフォルダーを追加する。ここにgcc.exeが入っている。

環境変数更新後コマンドプロンプトを開いて以下を実行してみる。
> gcc -v

.... いっぱい表示される。最後の行に以下が表示されてversion 8.1.0がインストールされたことがわかる。

gcc version 8.1.0 (x86_64.....

なんだかんだで、ダウンロードができるまで3時間ほどもたもたしてしまったけれども無事インストールできたようでめでたしめでたし。

追記:

この後、Visual Studio Codeでの環境を整えた。C/C++ IntelliSense, dubugging…が既にインストールされているVSCで、簡単なCコードを書いて、Terminalでgccを実行した。どういうタイミングでそうなったのか分からないけれども、View -> Command Palette...でC/C++:Edit Configurations (JSON)、つまりc_cpp_properties.jsonに記述されるcompilerPathは上記でインストールしたgcc.exeのパスが設定されていた。環境変数からコピーしてきたのだろうか、、、、

« TWELITE 中継機 | トップページ | Windows 10にMySQLをインストールする »

ツールの使い方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TWELITE 中継機 | トップページ | Windows 10にMySQLをインストールする »

フォト
無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31