« WordpressへZIPファイルのアップロード | トップページ | Wordpress5.8のGutenbergエディターは変?? »

2021年7月26日 (月)

144/430モービルアンテナ取り付け

144/430MHzモービルアンテナをヤフオク!で買った。

送料込みで2,980円の3点セットは安いと思う。Img03913

この基台を選んだのには訳がある。それは車庫の入り口の地上高問題。
車庫に軽トラを入れる時にシャッター格納部にアンテナが当たらないように折りたたむため。

まずはこういう形でとりつけてみた。アンテナは車体左右方向(助手席から運転席方向)へ倒すようにした。
Img03919_hdr

こんな感じ。
Img03919_hdr1

しかし、翌日さっそく「やってしまった」。車庫を出る時はよかった(車庫を出てからアンテナを立てた)けれど、帰宅時がうまくなかった。アンテナを立てたまま車庫に車をいれてしまったのだ。アンテナ破損。ただ、幸いにもエレメントが固定部から抜けただけだったから、ぶっ壊れることはなかった。

そこでアンテナ固定向きを変更。車の前後方向にアンテナが倒れるようにした。
Img03934_hdr

アンテナが立っているときは向きが変わったことによる変化は感じないんだけれど、アンテナを立てたままで車庫入れした時に対応が大きくことなる。
Img03933_hdr

シャッター収納部にアンテナがぶつかればアンテナが破損する前に倒れてくれる自由度がある。ちゃんと倒れるように、アンテナ基台のネジは強く締めないようにする。
Img03936_hdr

とりあえずフレキシブルホイップ(1500円、送料込み)もオーダーしたので、再び何か「やってしまった」時のバックアップとして使えるようにした。

取り付けてから車庫を出るときに気が付いた。助手席側にアンテナがあると、折り畳みや立ち上げの度に運転席から助手席側に回らないといけない。そもそも助手席に側にアンテナをつけたのは同軸ケーブルを助手席側から引き込みたかったから(運転席ドアは開閉数が多いから)。しかし、同軸ケーブルは天井上を配線することができる。

ということで運転席側にアンテナを取り付け直した。これなら車を降りなくても運転席の窓を開けて手を伸ばすだけでアンテナの折り畳みと立ち上げができる。
Img03975

あぁ、いろいろと実際にやってみないと分からない(気が付かない)ことが多いものだ。。。。

 

 

« WordpressへZIPファイルのアップロード | トップページ | Wordpress5.8のGutenbergエディターは変?? »

無線と実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WordpressへZIPファイルのアップロード | トップページ | Wordpress5.8のGutenbergエディターは変?? »