« RS232Cケーブル奮闘記 その2 | トップページ | RT-500KIでのポート開放 »

2021年9月21日 (火)

HRI-200のポート開放問題

HRI-200のポート開放で随分と悩んだのでその顛末記録。

Img04575_20210921082901

HRI-200はポート開放を前提とする。これはROOMを提供するためだと思われる。つまり、ROOMに関する諸情報はROOMを開設したノードPCに保存されていて、その情報を外部からアクセスするためにポート開放が求められるのだろう。

今回ぷらら光が入っている宅内ネットワークでのHRI-200設定を行った。結論を先に言えば、この環境(IPv4 over IPv6)ではHRI-200は使えない。

詳細は以下のipv6wiresx.pdfにまとめてある。

ダウンロード - ipv6wiresx.pdf

IPv4 over IPv6はそのネットワーク速度から大変に魅力的ではあるけれども、ちょっと変わった使い方をするユーザーには大きなハードルとなる。結局この環境では別の光回線(IPv4)を引いてHRI-200を構成した。

« RS232Cケーブル奮闘記 その2 | トップページ | RT-500KIでのポート開放 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RS232Cケーブル奮闘記 その2 | トップページ | RT-500KIでのポート開放 »

フォト
無料ブログはココログ
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31