« HRI-200のポート開放問題 | トップページ | セローにPTTスイッチ取り付け »

2021年10月10日 (日)

RT-500KIでのポート開放

WIRES-XでHRI-200を使うために、NTTのRT-500KIでポート開放を行ったので備忘録。

まずUPnP設定を確認した。これは「高度な設定」画面から入る。そこにUPnP設定がある。Defaultは「使用する」のようだ。でもWIRES-XアプリのUPnP自動登録は機能しなかった。つまり仕様が合わないって事(どっちが悪いとは言わないけれど)。

次に、静的マスカレード設定で開きたいポートを指定した。開きたいポートは46100など合計6ポートになる。静的マスカレードの設定で、ポートの数だけ設定を行う。なので合計6回設定編集を行う。編集では以下を設定する。

  • ソースとなるポート番号
  • プロトコル(ここではUDP)
  • 宛先IPアドレス(これは予めPCに固定IPアドレスを設定しておく)
  • 宛先ポート番号(ソースとなるポート番号と同じ。つまりソースポートの通信を宛先IPアドレスの同じポートに転送するってこと)。

これを設定すると以下の結果となる。

Img049131

すでに静的マスカレードを設定しているので、UPnP登録のチェックは不要。

案外一番のハードルはRT-500KIの中に入るためのパスワードを思い出す事だったりする(User IDはuserに固定されている)。

« HRI-200のポート開放問題 | トップページ | セローにPTTスイッチ取り付け »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HRI-200のポート開放問題 | トップページ | セローにPTTスイッチ取り付け »