« CB1300 SC40 レクチファイヤー交換 | トップページ | CHV-5αを水平DPにして西北西に向けた »

2021年11月29日 (月)

CHV-5αのGP型、ちょっとイマイチかも

CHV-5αのGP型はちょっとイマイチかも。屋根裏ダイポールに劣る感じ。

地上高5mでL面が北北東に向けている。
Img05558_small

比較したのは屋根裏ダイポール。W8010の14/28エレメントで全長は約7m、方角は北北東。右上から左奥い張られているエレメントがそれ。
Img05601_small

CHV-5αでUS西海岸のGrid CN86の局からのCQに答えて呼び続けたけれども取ってもらえず。リグはFT-450Dで出力50W。同じリグでアンテナを屋根裏ダイポールに付け替えて同じ局を呼んだら一発で返答があった。レポートは-13/00で飛びはあまり良くはない。PSKReportで見てもUS西海岸で当局のシグナルをレポートしてくれる局数が増えた。少なくも屋根裏ダイポールはCHV-5α GP型に勝っているっておとだね。

GP型での運用は一旦終了し、午後は水平型にしてみようと思う。V字型よりも水平型の方が打ち上げ角は低いとの情報もあるし、、、

« CB1300 SC40 レクチファイヤー交換 | トップページ | CHV-5αを水平DPにして西北西に向けた »

無線と実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CB1300 SC40 レクチファイヤー交換 | トップページ | CHV-5αを水平DPにして西北西に向けた »