« 屋根裏ダイポールと屋外ダイポールの比較 | トップページ | 6M ロータリーダイポールの製作 »

2021年12月30日 (木)

ダイポールアンテナの降雪のSWRへの影響

雪が降ってきた。降雪状態でのSWRへの影響を調べてみた。天候の状況を見ながら追記していく予定。

積雪は少なく、ワイヤーにもあまり雪は付着していない。
Img05903_small

降雪状態でのSWR。共振周波数が低い周波数に異動している。2021/12/30 14:40
80m202112301444_small

ワイヤーの雪がなくなった状態。2021/12/31 18:47 SWR最小周波数が上側にシフトした。
80m202112311847_small

特に7MHzの特性がおかしな状態になっている。6.79MHzに変なDipが発生している。2021/12/30 14:51
40m202112301451_small

ワイヤー等の雪が無くなった状態。2021/12/31 18:46 80Mと同様にSWR最小周波数が上側にシフトし、変なDipもなくなった。
40m202112311846_small

2021/12/30 14:41
30m202112301441_small

2021/12/31 18:49 同様に上方向にシフトした。
30m202112311849_small

2021/12/30 14:53
15m202112301453_small

2021/12/31 18:51 上方向にシフトすると同時に周波数上側のSWR値が低くなっている。
15m202112311851_small

正直降雪状態ではワイヤエレメントの下に降雨時のような雫が沢山連なって付くわけではいので、静電容量に大きな変化はないのでは?と思っていたが、地面が雪で覆われたせいだろうか、静電容量が増加したようで共振周波数が低い方に大きくシフトしている。

« 屋根裏ダイポールと屋外ダイポールの比較 | トップページ | 6M ロータリーダイポールの製作 »

無線と実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 屋根裏ダイポールと屋外ダイポールの比較 | トップページ | 6M ロータリーダイポールの製作 »