« 50MHzフロートバランのトロイダルコアとコイル巻き数 | トップページ | 軽二輪の名義変更ー備忘録 »

2022年1月23日 (日)

起動しなくなったWindows10の修復-備忘録

起動しなくなったWindows10の修復を行ったので、その備忘録。

Window10が黒い画面で窓マークと回転マークの表示から先に進まない。途中で電源OFF/ONを行うと自動復旧と自動診断が走り出した。
Img06152_small

結局自動復旧は失敗。
Img06148_small

トラブルシューティングを実行。
Img06149_small

詳細オプションを選択。
Img06150_small

ここから更新プログラムのアンインストールとかシステムの復元とか試したけれどもいずれもNG。
Img06151_small

そこでスタートアップ設定に進む。
Img06156_small

「セーフモードとネットワークを有効にする」を選んで起動する。
Img06157_small

セーフモードでWindows10が立ち上がった。なんとかなりそいう。

コントロールパネルからWindows Updateの追加のトラブルシューティングを実行する。
Img06165_small

何かが破損していたようだ。とりあえず復旧ができた。
Img06166_small

この後、エクスプローラーでCドライブのプロパティからツールを選んでチェックを行う。エラーが報告された。

遅ればせながら、ここでBIOSメニューのHDD診断を行う。HDDはデバイスとしてはちゃんと機能していることが確認できた。
Img06167_small

再起動しても自動修復できないと報告される。Windows Updateの修復だけではだめで、Cドライブの論理修復が必要と理解した。そこで再びセーフモードでWindowsを立ち上げ、コマンドプロンプトで chkdsk c: /f を実行した。Cドライブはブートドライブなのでボリュームがロックされていてこの瞬間修復はできないけれど、次回の起動時に修復を自動実行する。

修復実行中の様子はこんな感じ。ちょっと時間がかかる。
Img06169_small

無事Windows10が立ち上がって、復活した。

結論からするとWindowsファイルシステムが壊れていて(不整合状態になっていて)、起動が出来なくなっていたようだ。なぜ、不整合状態になったかは不明だけれども、とりあえずこの方法で修復できることは分かった。

 

« 50MHzフロートバランのトロイダルコアとコイル巻き数 | トップページ | 軽二輪の名義変更ー備忘録 »

備忘録など」カテゴリの記事

ツールの使い方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 50MHzフロートバランのトロイダルコアとコイル巻き数 | トップページ | 軽二輪の名義変更ー備忘録 »

フォト
無料ブログはココログ
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31