« 起動しなくなったWindows10の修復-備忘録 | トップページ | フロートバランの製作 その1 »

2022年1月28日 (金)

軽二輪の名義変更ー備忘録

225㏄のセローの名義変更を、松本の陸運局に行って行ったので、その備忘録。

基本的にネットでダウンロードしたPDFのインクジェットプリンター印刷でOK。但し、縮尺などが異なるとNGが出て、陸運局の帳票での書き直しとなる。陸運局にいって帳票に記入するのも、やり直しで記入するのも同じなので、インクジェット印刷で書類を揃えて持っていくのが良い。

税金関係の帳票はネットでのダウンロードが出来なかった。ネットで書き方例があったのは4輪の物だったので要注意。結局窓口で初めて見る帳票を渡されて(ネットで書き方例でみた帳票とは異なっていた)、納税申告書(新所有者を納税者として登録)と、納税停止(旧所有者を納税者から削除)の2つの帳票を記入した。なので、これは現場での記入とならざるを得ない。バイクの諸元の記入は不要。車体番号だけ分かればOK。

11時45分で午前中の窓口は閉じるけれども、それ以前に窓口に行った申請者は11時45分後もフォローしてくれる。自分が納税関係の帳票を書き上げたのは11時50分過ぎだったけれども、窓口のおねえさんが「終わりましたか?」と聞いてきてくれて書きあがった帳票を持って行ってくれて処理してくれた。これで11時55分には処理完了で名義が変わった届出済証を渡してくれた。

まとめると、帳票記入を含めて30分もあれば名義変更(届出済証の再発行を含めて)の処理は終わる。ただし、繁忙期には時間がどうなるかはわからないけれども。松本の陸運局は車検場があるので広い駐車場がある(ただ繁忙期には駐車場はいっぱいになるかも)。

正直、11時45分になったら問答無用で窓口シャットダウンで午後1時まで待たないといけないと思っていたけれど、スタッフの皆さんのサポートの良さにはとっても感動した。松本の陸運局はすばらしい。

必要な書類は以下のとおり。

届出済証再交付申請
理由書
委任状(旧所有者の委任状。旧所有者の捺印が必要(だと思うが不要かも))
手数料納付書(手数料はかからないけれど納付書の提出を求められた)

届出済証記入申請(名義変更の申請)
届出済証(再交付してもらった旧所有者の届出済証)
譲渡証明(今は捺印は不要)
委任状(新所有者の捺印が必要(だと思うが不要かも))
手数料納付書(手数料は不要だけれど納付書の提出を求められた)
税申告書(新所有者で申告。会場でもらえる)
税停止申請(旧所有者の課税を停止。会場でもらえる。旧所有者の生年月日の記入欄あり。記入しなくても受け付けてもらえたかもしれない)
自賠責証書(保険期間が有効な保険証書)

名義変更では費用はかからない(タダだけど手数料納付書は出さないといけない)。
全てが無事終わると名義変更された届出済証が交付される。

« 起動しなくなったWindows10の修復-備忘録 | トップページ | フロートバランの製作 その1 »

備忘録など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 起動しなくなったWindows10の修復-備忘録 | トップページ | フロートバランの製作 その1 »

フォト
無料ブログはココログ
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31