« 144MHz 2台のトランシーバーの干渉現象 | トップページ | CB1300クーラント補給 »

2022年5月19日 (木)

WIRES-XのQSOをeQSLで発行できるか?

WIRES-XのPortable Digital Node(PDN)でのQSOをeQSLで発行できるか、ってことで試した結果の備忘録。

ADIFファイルをテキストエディタで適当に編集してeQSLにアップロードしてみたらエラーになってQSL発行ができなかった。eQSLのエラーメッセージには以下が表示された。

Wiresadif_20220519104101

確かに、MODEをWIRES、BANDをNAにしてみたのだけれど、eQSLはフィールドの有効性を確認してるってことだ。

ADIFのSpecはインターネットで公開されている。MODEの中にWIRESに対応するようなパラメータがない。PDNだから電波を出していないのでBAND指定もできない。

仮に電波を出しているデジタルノードやアナログノード経由でWIRESに接続したとしても、それは相手局の電波ではないからBAND指定やシグナルレポートなどを記録したとしても意味がない。

ということでWIRESのQSLをeQSLで発行することは断念。

結局、紙のQSLカードに書いてJARLに送ることにした。

« 144MHz 2台のトランシーバーの干渉現象 | トップページ | CB1300クーラント補給 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 144MHz 2台のトランシーバーの干渉現象 | トップページ | CB1300クーラント補給 »