« Google Searchクローラーの呼び込み | トップページ | HamLogでのQSOデータ削除時の操作について 備忘録 »

2022年5月 3日 (火)

WSJT-XとHamLogの連携とQSL印刷

WSJT-XでのFT8運用ログをHamLogにもログりたい。現在はLogger32でログ中。環境を設定したのでその備忘録。

WSJT-XとHamLogのログ連携

HamLog上での設定は以下のとおり。

オプションでJ T -Get's(j)...を選ぶ。
Jtget

J T -Get'sウインドウが表示されるので、そこから表示メニューの中の表示モードとリンク設定(L)...を選ぶ。
Photo_20220503090001

表示モードとリンク設定ダイアログが表示される。「更新結果を入力ウインドウへ転送する」にチェックを入れる。
Photo_20220503090003

この操作をすると、HamLogはWSJT-XのディレクトリにあるALL.TXTをモニターして自分に関するQSOログを抜き出し、QSO結果としてHamLogの入力画面に転送してくれる。その入力画面でSaveボタンをクリックすればHamLogにログ完了。

 

では、自分以外のコールサインに対して設定するにはどうするか。例えばクラブ運用でクラブ局コールサインでのログをログしたい場合など。

そんな場合は、HamLogのオプションメニューからデータの保守(D)を選んで、別コールサイン用にインストール(B)...を選ぶ。
Photo_20220503090002

コールサインの入力画面が現れるので、そこでログしたいコールサインを入力するとそのコールサイン用のHamLogがインストールされる。そのHamLogで上記のWSJT-Xとの連携設定を行えばよい。

JA4JOE OMのホームページはとても参考になる。

 

QSLカード印刷について

QSLカードの表面は素敵な写真で飾るとして、裏面はQSO記録を記載することになる。これをログを使って自動印刷したい。オプションメニューにあるQSLカード印刷(Q)を選ぶと以下のダイアログが表示される。

Qsl

ここでは8N0OKUWA白紙縦.qslをHamLogのテンプレート白紙縦.qslから作ってみた。

ダウンロード - 8n0okuwae799bde7b499e7b8a6.qsl

この定義ファイルによって出力されるQSLカードイメージは以下のとおり。
Qsl_20220503104101

リグやアンテナの情報は上記ダイアログのRig/Antボタンをクリックすることで設定できる。上記イメージは以下の設定が表示されている。ログでは7.042MHzとなっているが、7MHzバンドだったら細かな周波数は関係なくてFreqは7と書けばよい。アンテナ高さ変数は定義ファイル内では!Hiで参照されるようだ。

Rigant

このテーブルを運用する周波数ごとに設定すればよいことになる。

これはなかなか便利だ。

« Google Searchクローラーの呼び込み | トップページ | HamLogでのQSOデータ削除時の操作について 備忘録 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Google Searchクローラーの呼び込み | トップページ | HamLogでのQSOデータ削除時の操作について 備忘録 »