« 1.8MHzアンテナ用ローディングコイルの製作 - その3 | トップページ | 中央アルプスからの月の出の予測 »

2023年11月24日 (金)

IC-705+DXV200LとFT-450の比較

IC-705+DXV200L(200Wリニア)とFT-450(50W)の比較を3.5MHz行ったので、その備忘録。

Img05831_small

OM局長さん(埼玉県所沢市)から貴重なレポートを頂くことができた。アンテナは短縮ダイポール

シグナル強度:
IC-705 59+2,3dB
FT-450 58

明瞭度:
IC-705 COMPなしが一番いい。全音域が綺麗に出ている感じ。COMPをONにすると低音が強調されて聞きにくくなる(鼻が詰まった感じ)。
FT-450 低音(特に500Hz以下)が強調されている感じ。IC-705に比べて随分と聞きにくい。

IC-705+DXV200LはSSBでは200W出ていない感じ。FMでは200W出るようなので(DXV200LのFWDメータで測定)、IC-705のSSB送信出力レベルがもともと低いのか???それともDXV200Lのメーター表示の特徴なのか???しかし、DXV200LのALCレベルトリマーを動かしても出力変化がないので、DXV200L的には入力が十分に小さいように思える。

いずれにせよ、HF運用はIC-705+DXV200Lの組み合わせが良いようだ。設定はCOMP OFFで。

« 1.8MHzアンテナ用ローディングコイルの製作 - その3 | トップページ | 中央アルプスからの月の出の予測 »

無線と実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1.8MHzアンテナ用ローディングコイルの製作 - その3 | トップページ | 中央アルプスからの月の出の予測 »

フォト
無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31