無線と実験

2021年4月19日 (月)

アンテナ調整ーその1

どうもヨーロッパに開けていかないので試行錯誤調整。

14/28と21を単一バランにまとめたことが問題じゃないかなぁ、って思いながらも取り合えずアンテナ構成の変更を試してみた。

アンテナはバラン中心に北側が西側から14/28、21、50で張っていた。この構成では14/28が10時方向になり、21が12時方向、50が2時方向となっていた。14/28と21を入れかえるとどうなるか等の実験をした。

変更作業内容

Photo_20210419092601

変更前の状態
24h

結果はとても残念なものだった。北米が全く入らなくなった。

変更後の状態
12h

なんでだろう。理由は定かでないけれども東側からの電波に対する感度が極端に落ちた。

そもそも単一バランにする前14/28の最初のQSOはポルトガルだったわけで、ヨーロッパが良く聞こえていた。ということは単一に戻せば状態が復帰するかもしれない。で、14/28単一にしておよそ11時方向に張った。

単一の状態
14m

NAの感度が良くなった。内陸側からも聞こえている。明らかに状況が違う。やっぱりバランおまとめは難があるのだろうか。

とりあえずヨーロッパがどの程度聞こえるようになるか暫く様子を見てみることにする。

2021年4月15日 (木)

マルチバンド・ダイポールアンテナ構成

現時点でのマルチバンド・ダイポールアンテナ構成は以下のとおり。

  • 14MHz/28MHz
  • 21MHz
  • 50MHz

合計3本のダイポールアンテナを単一のバランで構成している。写真左側の奥から50M、21M、14/28M。

Img01021

各アンテナはおよそ30度のアングルを設定している。いずれのアンテナの素のSWRは1.5程度で、FT450内蔵アンテナチューナーを使って1.1程度まで落としてある。当初は50Mだけ逆Vにしてみたけれど、SWRが2.5位から下がらなかったため、この構成に落ち着いてる。

たまたま今時点ではそう見えているのかもしれないけれど、当初14/28と21のダイポールを別バランで構成し、それぞれをほぼ平行に張っていた時は、14がもっとヨーロッパに開けていたような印象をもっているけれど、まとめてからはちょっと閉じている感じ。加えてNA東海岸にも開けていない。要調査。

 

 

2021年4月14日 (水)

QRZ.comへの登録

QRZ.comへの登録も行ったのでその記録。

その昔コールサインブックなる分厚い電話帳のような書籍が発行されていた。更新相手の所在地やQSLをダイレクトメールする場合にそこに記載されているアドレスを参照していた。今は個人情報保護からそのようなブックが発行されることはない。で、代わりの方法は何か?ということで提供されているのがQRZ.comになるわけだ。

QRZ.comのアカウントは簡単に作成できる。Registrationするだけ。でも、自分のアドレス等を登録することはできない。まずは、DB上に自分のエントリーを作成してもらうべく、管理者に依頼する必要がある。手段はメールになる。具体的な方法はForumのFAQに書かれている。

具体的な方法のURL

以下の情報をメールに記載してメールで登録依頼を送る。

MANDATORY
Callsign:
First Name + Middle initial:
Last Name:
Address Line 2: (City/Town etc)
Country:


OPTIONAL
Plus any other information you want:
Address Line 1: (Street etc)
Zip/Post Code:
Grid Square: (or Latitude & Longitude)
Previous Callsign(s):
CQ Zone:
ITU Zone:
IOTA Ref. Number: (AS-007 etc)
IOTA Group Name: (Honshu Island etc)
QSL Info:
Public Email:
Birth Year:
Show Birth Year on page?: Yes/No
eQSL?: Yes/No
LOTW?: Yes/No
Mail QSL?: Yes/No

今回の場合、12時間以内にメール返信が届いた。で、依頼した内容がDBに登録されている(Searchすれば出てくる)ことが確認できた。

この登録内容は、自分で編集ができる。このことは自分の検索結果のDetail -> QRZ Admin が自分のコールサインになっていることで確認できる。編集は、メニューバーの自分のコールサインのEdit、、、、から行える。

これで一応この世界にデビューできたことになる。

2021年4月13日 (火)

eQSL/LoTWの準備

それなりのレベルの運用を始めるためにeQSLとLoTWの準備を行ったので備忘録。

eQSL

基本的にeQSLは登録さえすれば無料でeQSL交換が始められる。無料であればQSLカードデザインは既定のテンプレートの中から選ぶことになるがQSLカードとしての体裁は整う。WSJT-Xが出力したADIファイルをアップロードすると自動的にeQSLカードがeQSL登録局に自動的に送られる。カードを送った先はOutboxで確認できる。これとは逆に受け取ったカードはInboxで確認できる。

無料で誰でも登録できる分、偽物も居ることが前提となる。その為真正性確認のオプションが用意されている。Authenticity Guaranteedオプションがそれで、自分の局免許のスキャンデータ(写真でも良い)をUploadすることで申請できる。自分の場合は翌日に承認の通知メールが届いた。これでPSKReporterで見ると自分の局ポイントに毛が生えたように見えているはずだ。

なお、Authenticity GuranteedページでView your AG certificateをクリックすると認証証書を見ることができる。ここには自分の局免許を確認した人(チェックした人)の名前とコールサインが書かれている。

LoTW

これはDXCCなどでのログ認証の為に必要となる。立派なガイドが用意されているので沿って作業すれば良い。ここでは局免許に加えて、公的な身分証明書(自分の場合は運転免許)のスキャンファイルをメール添付文書として送っている。返事が返ってくるのに3日程かかった(週末も入っていたから本当はもっと早いのかも)。局免許の名前と住所が一致することがチェック対象じゃないかと思う。返事メールには証明書ファイルが添付されていて、これをダブルクリックすることでTQSLアプリに証明書が登録された。返事メールにはユーザー名とパスワードが書かれているので、そのアカウント情報でLoTWにログインできる。

自分は神奈川分と長野分の2ロケーション分のログがあるので、それぞれのロケーションを登録した。ADIファイルもロケーションに合わせて分離した。この2ファイルをアップロードした。ファイルのアップロードはTQSLアプリケーションから実行する。「ログに署名し、LoTWに自動的ににアップロード」を選択し、ADIファイルを証明書によって署名してログをアップロードするとLoTWのDBに展開される。

Tqsl

Home画面は以下の通り。

Lotwawards

TQSLによってDBにログを展開した後、Home画面でSelect DXCC Award Accountをクリックすると以下の画面になる。

Lotwdxccsummary 

この画面のAccount Creditsをクリックすると通信したCountryがコンタクト局名と並んでリストされる。

この一連の流れからすると、ログを手入力してアップすることでCountryを登録することも出来る。

まとめ

以上でeQSLとLoTWが使えるようになった。いずれも入力ファイルはWSJT-Xのログファイルとなるわけだ。

2021年2月20日 (土)

レベルシフトチップTXS0108Eで苦戦

Raspberry Pi Picoに超音波距離センサーHC-SR04を接続したい。

しかし、Picoは3.3VだけれどHC-SR04は5Vだ。すっぴんのままHC-SR04の出力をPicoに接続するとPicoを壊してしまう可能性がある。そこでTXS0108Eの利用を考えてみた。これはレベルシフト電圧トラスレータチップだ。Low VoltageとHigh Voltageを双方向で変換してくれる。つまり、例えばHigh 3.3V信号をHigh 5Vに、またはこの逆に変換してくれるわけだ。で、早速使ってみた。

購入したのはHiGetgoの5個入りパック。半完成品状態となっている。
Img04694

ピンヘッダを半田付けして完成。
Img04697

このレベルシフターをHC-SR04とPicoの間にいれた。PicoのGPIO出力とHC-SR04のTrigger入力、HC-SR04のEcho出力とPicoのGPIO入力の間にいれたわけ。

まず、全然信号が出てこなくて、OEが内部プルアップされていると思ったんだけれど、結局そうでなくて、OEを5V(HC-SR04のVCC)に10KΩでプルアップして出力がでるようになった。

で、変換なんだけれども、デジタルオシロがないので電圧レベルまではわからないけれども、このレベルシフターに電源供給すると回路全体に回路全体に大きなノイズが乗るようで、信号に変なディップが発生した。HC-SR04もバタバタしてしまって、単なるノイズというレベルではなかった。

結局利用をあきらめた。

PicoのGPIO出力は3.3VのままHC-SR04のTriggerに接続した。シグナルマージンはめちゃ少なくなるけれども、とりあえずTriggerはできているよう。ただ、時々Echo出力が変になる(妙に長い値になる)ので、あんまり上手くないのかもしれない(変な出力の原因は究明してない)。問題のHC-SR04の5V出力をPicoの入力につなぐにあたっては抵抗分割を使った。HC-SR04の信号を2.2KΩで受けて、それを3.3KΩで接地する。2.2KΩと3.3KΩの接合点をPicoのGPIO入力につないだ。これでほぼ3Vの電圧になると同時にHC-SR04から過大な電流が流れ込む事を防ぐことができる。

今のところ動いている。

2019年12月26日 (木)

V530ファーストインプレッション

なかなか良いと思う。期待通り。

ThinkPadからVM環境を3つ持ってきた。

  • VMWare Player/CentOS7/WordPress
  • VMWare Player/ESXi (ICOS Manager+Accessor)
  • VMWare Player/ESXi (ICOS Slicestor x 3)

つまり、合計6つの仮想サーバーが動いていることになる。この上で、ホストOSであるWindows 10上でTeamViewerを走らせて、ターミナルをリモートアクセスできるようにしている。WordPress上での編集作業やICOS Manager GUI上でのアドミ作業など、サクサク動く。
この状態でのパフォーマンスモニター。

Performance

さすがにメモリーは残り僅かとなっているけれど、CPUは余裕ある。チェック用にICOSをESXiで走らせているのは、その中のエージェントが常にディスク整合性やノード間の通信チェックしているからで、ThinkPad E503 (CORE i3) ではほぼほぼCPUが100%になっている状態だったけれど、V530では20%程度。

さすがCORE i9 9900。これは良い滑り出し。

2019年9月14日 (土)

メモリー増設

ThinkPad E580のメモリー増設。

Img01790-1280x960

重要なのはiSesam。これがないとThinkPadの裏蓋が外せない。これでも若干の傷がつくものの、この薄さと弾力でぴったりとハマった裏蓋が外せる。ケチってマイナスドライバーでこじ開けると傷だらけになるのは間違いないと思う。

裏蓋を固定してあるネジは抜け落ちないように外れ防止ワッシャーがついてるので、無理やり外さないように。

内蔵バッテリーの無効化については以下を参照させていただきました。
ThinkPad E580でSSD換装&メモリー増設

8GBが1枚だけついている。
Img01793-1280x960

となりにアマゾンで買ったPatriot 8GBメモリーを装着。
Img01795-1280x960

以上で完了。
 

2019年8月18日 (日)

マルチバンドダイポール

田舎で空を見上げていたら無性に欲しくなったマルチバンドダイポール、15,400円。全長20メートル。都会では無理でも田舎では許容範囲。さてさて、何時張れることやら。

Img01703-960x1280 Img01705-1280x960

2019年7月21日 (日)

eQSLへの登録

eQSLへログを登録した。

WSJT-XのADIログファイルをアップロードする。ちなみにWSJT-Xのログファイルwsjtx_log.adiは以下に保存されている。

ユーザー > 自分のフォルダー > AppData > Local > WSJT-X

Log/Outboxをクリックして以下を開く。
Uploadadifile

Upload ADIF Log Fileを選ぶと以下が表示される。
Fileselect

ファイル選択して、アップロードする。データベースに登録された。自分の場合は重複が一件あるということで以下のメッセージが表示された。重複は取り除かれたみたい。
Uploadcompleted_20190721173901

6Mしか運用していないので、6Mで45件登録された。これで、少なくともeQSLの登録ユーザーにはeQSLが発行されたと理解してよいのだろうか???
Outboxcontents

次にInboxをみてみた。10件入っている。
Inbox

Searchして10件を見てみると、以下が出てきた。DISPLAYをクリックするとeQSLカードが表示される。これはうれしい。
すべてのArchiveにチェックして、Confirm(緑ボタン)を押した。
Inboxcontents_20190721170901

Confirmをクリックすると以下が出てきた。時間を手入力することで確認をするみたい。
Confirm

Create Confirmation eQSLを押すと以下が現れた。とりあえずDo Not Notifyを押した。
Notification_20190721173901

このConfirmationでQSOが実際に行われたことを確認したことになる。

 

 

 

2019年7月15日 (月)

JCC?

本日、某局のCQに応えたら、73を送ったあとに以下が送られてきた。

JA0WBT/P JCC?

おっと、JCCを送れとな。初めての事で、まずは自分のJCCを確認。

次ぐにメッセージを編集して送らねばならない。何と送るのが正解?

相手のコールサイン+JCC、それとも自分のコールサイン+JCCかな。

JA1*** JA0WBT/P JCC 1114  <- これは送れなかった。TXは<...>となり、WSJT-Xが送出してくれなかった。

JA1*** JA0WBT/P 1114 <- これも同じ。相手局コールサインと自分のコールサインを含むとダメみたい。

JA0WBT/P JCC 1114 <- これも送れなかった。JA0WBT/P JCC1までしか送出されない。

JA0WBT 1114 <- これは送れたけれど、相手局からJA0WBT/P JCC?が再送された。

JA0WBT/P 1114 <- これは送れて、相手局から JA0WBT/P TNXが返ってきた。

これが正解だったんだろうか。それともJA1*** 1114が正解だったんだろうか。。。。