備忘録など

2022年10月 4日 (火)

Intel スマートサウンドテクノロジーとオーディオデバイス検出の相性

WIRES-Xでちょっとした問題に遭遇。考察結果を備忘録として以下に記録。

某AcerのノートPCにWIRES-Xをインストールしたところ、オーディオデバイスが接続されていないってことで起動できない。この状態で、マイクスピーカーコンボジャック(4端子ジャック)にピンジャックを差し込むとこの問題が解消されてWIRES-Xが起動できる。

ピンジャックを差し込む前は、ピンジャックを担当するオーディオデバイスとしてのRealTekマイクデバイスが未接続となっている。ピンジャックを差し込むと接続済みになる。

どうやらWIRES-XはRealTekマイクデバイスが未接続状態で「オーディオデバイスの接続が無い」と言ってきて、RealTekマイクデバイスが接続状態で「オーディオデバイスの接続が有る」と判断するようだ。

一方、このノートPCにはIntelスマートサウンドテクノロジーデバイス、つまり専用DSPが実装されていて、PC内蔵マイクや内蔵スピーカーはそのデバイスに繋がっている(ようだ)。オーディオデバイスドライバーを使う限り、アプリ的にはスマートサウンドテクノロジーを介しているか否かは透過的になっているはずなので、WIRES-Xのサウンドもスマートサウンドテクノロジーで動作するはずだ。

どうやら問題はWIRES-Xがこのスマートサウンドテクノロジーデバイスをオーディオデバイスとして認識(判別)することが出来ないことらしい。なので、何でも良いのでWIRES-Xが認識(識別)できるオーディオデバイスを接続状態にしてあげれば良いということだ。これを行うにはノートPCのマイクスピーカーコンボジャックにピンジャックを差し込んで(実際に外部マイクや外部スピーカーを接続する必要はない)RealTekオーディオデバイスを活性化すればよい。少なくともこのノートPCではピンジャックを差し込むだけでRealTekは活性化する。

仮にこのスマートサウンドテクノロジーをアンイストールしたとしたら、PC内蔵マイクとスピーカーが使えなくなるので嬉しくはない、というか結局は外付けマイクとスピーカーを繋がないといけないことになるので、上記ピンジャック接続作業より負担が増える。これらから、ピンジャック差し込み以外に対応方法はないのかもしれない。

今後のWIRES-Xのバージョンアップに期待したい。

2022年7月19日 (火)

キューちゃんレシピ

キュウリ消費作戦としてキューちゃんを作ったので備忘録

基本的なレシピはCookpadから頂いた。

  • キュウリ:1Kg(大4本)
  • 醤油:400㏄
  • 砂糖:250g
  • みりん:50cc
  • 酢:50cc
  1. キュウリは5mm程度にカット。生姜は小さく短冊切り。
  2. キュウリを塩でもんで、30分放置。水気を切る。
  3. 調味料全部を鍋にいれて煮立たせる
  4. 火を止めてキュウリを投入。約6時間放置。
  5. キュウリを取り出して、再沸騰。
  6. キュウリを再投入。
  7. 6時間以上放置して、出来上がり。

 

出来上がったキューちゃん。生姜多めで結構イケる。
Img01505_small

投入から6時間後。ここで取り出して、汁を再沸騰。
Img01502_small

キューちゃんを取り出した煮汁。さて、これをどう再利用するか、、、
Img01504_small

 

 

2022年4月23日 (土)

Google Searchクローラーの呼び込み

ホームページを開設したけれどもGoogle検索に出てこない。Googleにインデックスを作ってもらう必要があるようだ。そこでGoogle Search Consoleでインデックス作成(クロール実行)リクエストを出したのでその備忘録。

今回新たに作成したホームページのURLを最上段のURL入力欄にいれてみると、「URLがGoogleに登録されていません」と出てきた。つまりクロール対象になっていないからGoogle検索にヒットしないわけだ。そこで「インデックス登録をリクエスト」をクリックする。すると登録可能かテストする旨のダイアログが表示さて1分ほど待たされた。
20220423-2

この後、URLがクロールキューに入った旨のメッセージダイアログが表示された。
20220423-3

これでクロールされるはずなので、暫くするとGoogle検索にひっかかってくるはずだ。

2022年4月17日 (日)

EchoLinkでのHAMSTIRの動き

EchoLinkでHAMSTIR STとHAMSTIR Xを使っている。HAMSTIR XはWIRES-Xとの相互接続のために使用。今回の構成でEchoLink側のみ、おかしな動作をするので、まずは現状の記録から。

システムの全体構成図は以下のとおり。
Photo_20220417080401

ここでの「おかしな動き」とは以下の通り。

  1. EchoLinkのUserノードからSysOpノードであるJA0WBT-Lに接続し、Transmitする。SysOpノードはRXモードになり、Userノードからの音声はHAMSTIR ST→HAMSTIR X→FTM-100Dと送られ、FTM-100Dより送信される。またHAMSTIR X→HRI-200を経由してWIRES-Xノードが接続しているWIRES-X Roomにも転送される。ここまでは想定通り。
  2. EchoLinkのUserノードがTransmitを終了すると、EchoLink SysOpノードはアイドル状態になり、FTM-100DおよびHRI-200を通した送信は停止する。ここまでも想定通り。
  3. この後(SysOpノードがアイドル状態になって1秒未満)、SysOpノードはTXモードになりUserノードに信号を(勝手に)送る。UserノードはRXモードになり、Transmitができなくなる。ここがおかしな動き。この状態では、SysOpノードはTXモードになるがWIRES-X側は送信状態にはならない。つまりEchoLink側だけが勝手にTX状態になる。なお、この現象はFTM-100Dの電源がONになっている場合にのみ発生する。

上記動作をイラストで表すと以下のとおり。

1. 
Echolinktransmit

2. 
Echolinkidle

3.
Echolinktx

この現象をEchoLink SysOp画面で見ると以下となる。
Echolinkgui

この現象の観察を通して、現時点で以下の結論に到達している。

  • 本現象(勝手にTXがONになる)はFTM-100Dの電源が入っている場合にのみ起きる。仮にFTM-100Dが変な動きをしている(電波を受信していないのに受信データをHAMSTIR Xに送っている)とすると、EchoLinkとWIRES-Xの両方が送信するはずだ。よってFTM-100Dの動作が異常だとは言えない(FTM-100DはEchoLinkだけにおかしな信号を送ることはできない)。
  • FTM-100Dの電源が入っていない状態では、EchoLinkとWIRES-X間の相互通信は問題なく実行され、本現象も発生しない。よって、HAMSTIR STに問題があるとは思えない。
  • 以上より、FTM-100Dの電源状態(信号状態)を認識することができ、EchoLink側だけにおかしな信号を送ることが出来る(EchoLinkとWIRES-Xに対して別々のインターフェースを持っている)HAMSTIR Xの動作があやしい。

要追加調査。。。。。

解決!!

HAMSTIRの開発元であるOneChipDesignより大変貴重な情報を頂く事ができ、無事問題が解消したので以下にその情報を転記(一部編集)。

問題のポイントは、送信時スケルチ出力の設定です。
[TX]: ON(初期値)にすると、送信時 Hレベルの信号が出力するようで、
受信に戻った時の Lレベルに戻るタイミングのバラツキで、
EchoLinkの方が受信信号有りと判断してしまい誤動作になるようです。

・FTM-100の設定例 (WIRES-Xノード局モードにはしない)
 設定画面に入るには、[DISP SETUP]ボタンを長押しします。
 [DATA] =>[1.COM PORT SETTING] =>[COM OUTPUT] : PACKET
 [DATA] =>[2.DATA SPEED] : DATA 1200 bps
 [DATA] =>[3.DATA SQUELCH] : 2 TX OFF

・FTM-400の設定例
 設定画面に入るには、[DISP]ボタンを長押しします。(HRI-200制御モードにはしない)
 [TX/RX] =>[AUDIO] =>[MIC GAIN] : NORMAL
 [DATA] =>[COM PORT SETTING] =>[OUTPUT] : OFF(camera)
 [DATA] =>[DATA BAND SELECT] =>[DATA] : MAIN BAND
 [DATA] =>[DATA] : 1200bps
 [DATA] =>[DATA SQUELCH] =>[DATA] : TX/RX BAND
 [DATA] =>[DATA SQUELCH] =>[TX] : OFF

 

いやぁ、FTM-100Dのマニュアルは見たつもりが、DATA SQUELCHなる設定がある事には気が付かなった。スケルチ設定のところはいろいろと設定してみたものの、それは実際の電波受信時のスケルチ設定のところどまりだった。

やはり技術力のある会社さんの製品はこういったテクニカルサポートもすごく魅力的なところだ。深々と感謝!!!

2022年3月19日 (土)

Virtual Pre-paid (VP)カードを使ってAliExpressでショッピング

中国の通販大手AliExpressでショッピングを行った記録。

結論:

  • Vプリカがチャージ手数料が安くてGOOD。ただし、ニックネームがカード名義になるので要注意。
  • AliExpressの請求金額がバラバラ。本当に品物が来るのか???

さてさて、Mini DIN 10pメスコネクターが欲しくなったが日本のサイトでは見つからなかった。そこで検索範囲を広げた結果中国のAliExpressで当該コネクターを見つけた。

最近いろんな詐欺メールが海外から飛んでくることもあり、国外のサイトそれも中国のサイトにクレジットカード情報を送るのはちょっと心配。調べた結果、VPカードの利用が安心のようだ。VPカードはVirtual Pre-Paidカードの頭文字らしく、プリペイドなんだけれど支払いに際してはクレジットカードとして機能するカードだ。

まずは「VPカード」でGoogle検索のトップに出てきたバンドルカードのアプリをスマホにインストールしてみた。
Photo_20220319135001

登録するとクレジットカード画像がスマホ画面に表示された。残高はゼロ。まずはこのカードに3000円をチャージしたい。手数料をみると3000円から1万円のチャージで510円とある。これは高い。高すぎる。

そこで次のカードということでVプリカを試してみた。
V

こちらは3000円のチャージで200円の手数料。とりあえずこちらを選択する。こちらは手持ちのクレジットカードでチャージできる。但しそのクレジットカードは事前登録しておかねばならない。

登録時にはニックネームを設定する。これが後から支払い時に重要となる(後から分かったこと)

カードは何枚も作ることができる。その際、カード名を設定する。これは、複数のカードを作った際の作った本人にとっての識別用で、たとえばアマゾンとかモノタロウとかの決済先ごとにカードを作って、それぞれのカードにアマゾンとかモノタロウとか名前を付けることができるのだ(後から学んだこと。最初はカード名がカード名義と思っていた)。

一方、ネットでのカード決済時にはカード名義を申告しないといけない。ニックネームがこれにあたる。私の設定したニックネームを仮にHANAMARUとしよう。カード決済画面にてこれをそのままカード名義蘭に書こうとすると「名前と苗字の間にスペースをいれよ!」と警告がでた。これは困った、と思って調べてみたら、HANAMARUの文字列の好きな場所にスペースを挿入してカード名義として良いと書かれていた。で、HANA MARUとして入力したら決済できるわけだ。でもね、そんなこと、カードの作成時には教えてくれない。カード決済しようとして、カード名義蘭に入力して警告が出てから、自分でいろいろ調べて分かったこと。これは不親切だ。

まぁ、すったもんだしながらも、3200円で3000円チャージしたVPカードでネット決済ができた。仮にカード情報が漏れたとしても、被害は3000円まで。しかし、実際にカード決済する段になると、V-プリカメンバーのIDとパスワードを入力しないと支払いが出来ない認証方式になっている。これならカード情報が漏れたとしてもV-プリカメンバー情報が一緒に漏れることはないから被害に遭う事はない。

さてさて、本題のAliExpressでのショッピング。

以下をオーダーした。コネクター10個1ロットで1654円と送料449円になっている。注文の確認画面での合計は2102円。単純に円を加算すれば2103円だけれど、個別金額の為替額と合計額の為替額の差なんだろうと思う。

Aliexpress Aliexpress2

しかし、スマホに送られてきた注文詳細メールは単価が1631円で注文合計が1596円になっている。そして送料が加算されていない様子。

Photo_20220319144401

おまけにVプリカから引き落とされた金額は1618円。どれもみんな違う。

Photo_20220319144101

まとめると、ネット購入時の金額は2102円。実際にVプリカから引き落とされた金額は1618円。

何が何だかよく分からない。これが大きな金額の買い物だったらハラハラドキドキだ。

とりあえず品物が届くのを待つことにする。

2022年1月28日 (金)

軽二輪の名義変更ー備忘録

225㏄のセローの名義変更を、松本の陸運局に行って行ったので、その備忘録。

基本的にネットでダウンロードしたPDFのインクジェットプリンター印刷でOK。但し、縮尺などが異なるとNGが出て、陸運局の帳票での書き直しとなる。陸運局にいって帳票に記入するのも、やり直しで記入するのも同じなので、インクジェット印刷で書類を揃えて持っていくのが良い。

税金関係の帳票はネットでのダウンロードが出来なかった。ネットで書き方例があったのは4輪の物だったので要注意。結局窓口で初めて見る帳票を渡されて(ネットで書き方例でみた帳票とは異なっていた)、納税申告書(新所有者を納税者として登録)と、納税停止(旧所有者を納税者から削除)の2つの帳票を記入した。なので、これは現場での記入とならざるを得ない。バイクの諸元の記入は不要。車体番号だけ分かればOK。

11時45分で午前中の窓口は閉じるけれども、それ以前に窓口に行った申請者は11時45分後もフォローしてくれる。自分が納税関係の帳票を書き上げたのは11時50分過ぎだったけれども、窓口のおねえさんが「終わりましたか?」と聞いてきてくれて書きあがった帳票を持って行ってくれて処理してくれた。これで11時55分には処理完了で名義が変わった届出済証を渡してくれた。

まとめると、帳票記入を含めて30分もあれば名義変更(届出済証の再発行を含めて)の処理は終わる。ただし、繁忙期には時間がどうなるかはわからないけれども。松本の陸運局は車検場があるので広い駐車場がある(ただ繁忙期には駐車場はいっぱいになるかも)。

正直、11時45分になったら問答無用で窓口シャットダウンで午後1時まで待たないといけないと思っていたけれど、スタッフの皆さんのサポートの良さにはとっても感動した。松本の陸運局はすばらしい。

必要な書類は以下のとおり。

届出済証再交付申請
理由書
委任状(旧所有者の委任状。旧所有者の捺印が必要(だと思うが不要かも))
手数料納付書(手数料はかからないけれど納付書の提出を求められた)

届出済証記入申請(名義変更の申請)
届出済証(再交付してもらった旧所有者の届出済証)
譲渡証明(今は捺印は不要)
委任状(新所有者の捺印が必要(だと思うが不要かも))
手数料納付書(手数料は不要だけれど納付書の提出を求められた)
税申告書(新所有者で申告。会場でもらえる)
税停止申請(旧所有者の課税を停止。会場でもらえる。旧所有者の生年月日の記入欄あり。記入しなくても受け付けてもらえたかもしれない)
自賠責証書(保険期間が有効な保険証書)

名義変更では費用はかからない(タダだけど手数料納付書は出さないといけない)。
全てが無事終わると名義変更された届出済証が交付される。

2022年1月23日 (日)

起動しなくなったWindows10の修復-備忘録

起動しなくなったWindows10の修復を行ったので、その備忘録。

Window10が黒い画面で窓マークと回転マークの表示から先に進まない。途中で電源OFF/ONを行うと自動復旧と自動診断が走り出した。
Img06152_small

結局自動復旧は失敗。
Img06148_small

トラブルシューティングを実行。
Img06149_small

詳細オプションを選択。
Img06150_small

ここから更新プログラムのアンインストールとかシステムの復元とか試したけれどもいずれもNG。
Img06151_small

そこでスタートアップ設定に進む。
Img06156_small

「セーフモードとネットワークを有効にする」を選んで起動する。
Img06157_small

セーフモードでWindows10が立ち上がった。なんとかなりそいう。

コントロールパネルからWindows Updateの追加のトラブルシューティングを実行する。
Img06165_small

何かが破損していたようだ。とりあえず復旧ができた。
Img06166_small

この後、エクスプローラーでCドライブのプロパティからツールを選んでチェックを行う。エラーが報告された。

遅ればせながら、ここでBIOSメニューのHDD診断を行う。HDDはデバイスとしてはちゃんと機能していることが確認できた。
Img06167_small

再起動しても自動修復できないと報告される。Windows Updateの修復だけではだめで、Cドライブの論理修復が必要と理解した。そこで再びセーフモードでWindowsを立ち上げ、コマンドプロンプトで chkdsk c: /f を実行した。Cドライブはブートドライブなのでボリュームがロックされていてこの瞬間修復はできないけれど、次回の起動時に修復を自動実行する。

修復実行中の様子はこんな感じ。ちょっと時間がかかる。
Img06169_small

無事Windows10が立ち上がって、復活した。

結論からするとWindowsファイルシステムが壊れていて(不整合状態になっていて)、起動が出来なくなっていたようだ。なぜ、不整合状態になったかは不明だけれども、とりあえずこの方法で修復できることは分かった。

 

2022年1月15日 (土)

200mmレンズでの望遠撮影時のブレ

Canon EF 80-200 F2.8の200mmで山を撮影した際にブレが出た。カメラはEOS KISS X7i。

全体にブレる訳ではなくて、部分的にぶれている。F16、1/1000、三脚にて撮影している。
Img_3521

画面中央左下側の部分にブレがでている。
Img_35211
何枚か撮ったけれど、どれも場所は異なるものの部分的に同様のブレが発生している。

そこでミラーアップで撮影してみた。
Img_3527

随分と改善はしているようだけれども、同様の部分ブレが発生している。
Img_35271
シャッターが手押しだからいけないのかもしれない。シャッター速度が十分に速いにこのブレの発生は悩ましい。

ミラーアップ+セルフタイマーで撮影してみたけれども、やはり部分的なブレが発生する。

どうしたものやら。。。。

2021年11月24日 (水)

20年落ちSUZUKI CARRYのタイヤ交換

CARRYのタイヤを夏用から冬用に交換。ジャッキポイントにちょっと悩んだので備忘録。

板金屋さんから安く買った中古スタッドレス(ブリジストン)。溝も細いままでしっかり残っている。ホイールも中古で中国製でちょっと難あり。
Img05498_small

いろいろ下を見てみて、フロントのジャッキポイントは以下とした(多分合っているかと)。
Img05500_small

リヤのジャッキポイントはシャフト部分。ここにはジャッキ先端を保持する枠が付いている。
Img05506_small

 

問題の中国製ホイール。ネジ穴にテーパーが切ってない。お店の人も言っていたけれど、取り付け時には要注意。ナットが穴の中心に入っていないと走行後に緩む可能性あり。
Img05504_small

ちゃんとした(?)ホイールの穴にはテーパーが切ってあってナットを閉めると自然とボルトが穴中心に来るようになっている。
Img05505_small

ナット締め付け時には、タイヤを左右に揺さぶりながらナットと穴のガタがなくなるように少しずつナットを閉めてった。
Img05502_small

以上、備忘録。

2021年11月 8日 (月)

凍結防止ヒーターの漏電

凍結防止ヒーターが漏電を起こしていた。

突然漏電ブレーカーが飛び、入れ直しても飛び続けた。
これはやばいということで、配電盤の配電先ごとのブレーカーをON/OFFして漏電先エリアを特定した。その後、そのエリアのコンセントを外してはブレーカーONして漏電ブレーカーが落ちるか否かを確認して漏電先を絞り込んだ。

絞り込まれた漏電先は給湯管の凍結防止ヒーター。
Img05093

このヒーター、サーモスタットが断熱材の外に出されている(断熱材最上部のところ)。つまり、給湯管の温度ではなくて外気温でON/OFFしている。これはマズイだろう。給湯管にお湯がながれていても、外気が低ければヒーターONになる。キャンバステープを剥がして断熱材を取り外す。
Img05097

はやり、過加熱して断熱テープが発泡スチロールに焼け付いているところがあった。
Img05101_hdr

ヒーター側も焦げてる。ヒーターには断熱テープっぽいものが巻かれているけれど、そのエッジ部分で焼け焦げたようだ。
Img05102_hdr


Img05105_burst01

見事に断線している。この部分で漏電していたわけだ。

新しい凍結防止ヒーターを用意した。キャンバステープも。
Img05108

1.5メートルほどの給湯管に2メールのヒーターを巻いた。サーモスタットはヒーター中央にあって、それは給湯管に密着させた。
Img05114

付属の断熱テープを巻き付ける。
Img05124

余った断熱テープを地面側の穴に押し込んで断熱した。
Img05125

発泡スチロールを被せる。
Img05126

最後にキャンバステープを巻いて完成。
Img05127

2時間くらいの作業。しかし、元々巻いてあったヒーター自体がおかしい。なんでヒーターとサーモスタットが一体になっていないんだろう。電源コードの途中にサーモスタットがあってもこまるよね。