ツールの使い方

2022年4月23日 (土)

Google Searchクローラーの呼び込み

ホームページを開設したけれどもGoogle検索に出てこない。Googleにインデックスを作ってもらう必要があるようだ。そこでGoogle Search Consoleでインデックス作成(クロール実行)リクエストを出したのでその備忘録。

今回新たに作成したホームページのURLを最上段のURL入力欄にいれてみると、「URLがGoogleに登録されていません」と出てきた。つまりクロール対象になっていないからGoogle検索にヒットしないわけだ。そこで「インデックス登録をリクエスト」をクリックする。すると登録可能かテストする旨のダイアログが表示さて1分ほど待たされた。
20220423-2

この後、URLがクロールキューに入った旨のメッセージダイアログが表示された。
20220423-3

これでクロールされるはずなので、暫くするとGoogle検索にひっかかってくるはずだ。

2022年4月17日 (日)

EchoLinkでのHAMSTIRの動き

EchoLinkでHAMSTIR STとHAMSTIR Xを使っている。HAMSTIR XはWIRES-Xとの相互接続のために使用。今回の構成でEchoLink側のみ、おかしな動作をするので、まずは現状の記録から。

システムの全体構成図は以下のとおり。
Photo_20220417080401

ここでの「おかしな動き」とは以下の通り。

  1. EchoLinkのUserノードからSysOpノードであるJA0WBT-Lに接続し、Transmitする。SysOpノードはRXモードになり、Userノードからの音声はHAMSTIR ST→HAMSTIR X→FTM-100Dと送られ、FTM-100Dより送信される。またHAMSTIR X→HRI-200を経由してWIRES-Xノードが接続しているWIRES-X Roomにも転送される。ここまでは想定通り。
  2. EchoLinkのUserノードがTransmitを終了すると、EchoLink SysOpノードはアイドル状態になり、FTM-100DおよびHRI-200を通した送信は停止する。ここまでも想定通り。
  3. この後(SysOpノードがアイドル状態になって1秒未満)、SysOpノードはTXモードになりUserノードに信号を(勝手に)送る。UserノードはRXモードになり、Transmitができなくなる。ここがおかしな動き。この状態では、SysOpノードはTXモードになるがWIRES-X側は送信状態にはならない。つまりEchoLink側だけが勝手にTX状態になる。なお、この現象はFTM-100Dの電源がONになっている場合にのみ発生する。

上記動作をイラストで表すと以下のとおり。

1. 
Echolinktransmit

2. 
Echolinkidle

3.
Echolinktx

この現象をEchoLink SysOp画面で見ると以下となる。
Echolinkgui

この現象の観察を通して、現時点で以下の結論に到達している。

  • 本現象(勝手にTXがONになる)はFTM-100Dの電源が入っている場合にのみ起きる。仮にFTM-100Dが変な動きをしている(電波を受信していないのに受信データをHAMSTIR Xに送っている)とすると、EchoLinkとWIRES-Xの両方が送信するはずだ。よってFTM-100Dの動作が異常だとは言えない(FTM-100DはEchoLinkだけにおかしな信号を送ることはできない)。
  • FTM-100Dの電源が入っていない状態では、EchoLinkとWIRES-X間の相互通信は問題なく実行され、本現象も発生しない。よって、HAMSTIR STに問題があるとは思えない。
  • 以上より、FTM-100Dの電源状態(信号状態)を認識することができ、EchoLink側だけにおかしな信号を送ることが出来る(EchoLinkとWIRES-Xに対して別々のインターフェースを持っている)HAMSTIR Xの動作があやしい。

要追加調査。。。。。

解決!!

HAMSTIRの開発元であるOneChipDesignより大変貴重な情報を頂く事ができ、無事問題が解消したので以下にその情報を転記(一部編集)。

問題のポイントは、送信時スケルチ出力の設定です。
[TX]: ON(初期値)にすると、送信時 Hレベルの信号が出力するようで、
受信に戻った時の Lレベルに戻るタイミングのバラツキで、
EchoLinkの方が受信信号有りと判断してしまい誤動作になるようです。

・FTM-100の設定例 (WIRES-Xノード局モードにはしない)
 設定画面に入るには、[DISP SETUP]ボタンを長押しします。
 [DATA] =>[1.COM PORT SETTING] =>[COM OUTPUT] : PACKET
 [DATA] =>[2.DATA SPEED] : DATA 1200 bps
 [DATA] =>[3.DATA SQUELCH] : 2 TX OFF

・FTM-400の設定例
 設定画面に入るには、[DISP]ボタンを長押しします。(HRI-200制御モードにはしない)
 [TX/RX] =>[AUDIO] =>[MIC GAIN] : NORMAL
 [DATA] =>[COM PORT SETTING] =>[OUTPUT] : OFF(camera)
 [DATA] =>[DATA BAND SELECT] =>[DATA] : MAIN BAND
 [DATA] =>[DATA] : 1200bps
 [DATA] =>[DATA SQUELCH] =>[DATA] : TX/RX BAND
 [DATA] =>[DATA SQUELCH] =>[TX] : OFF

 

いやぁ、FTM-100Dのマニュアルは見たつもりが、DATA SQUELCHなる設定がある事には気が付かなった。スケルチ設定のところはいろいろと設定してみたものの、それは実際の電波受信時のスケルチ設定のところどまりだった。

やはり技術力のある会社さんの製品はこういったテクニカルサポートもすごく魅力的なところだ。深々と感謝!!!

2022年4月 3日 (日)

EchoLinkに異なるスマホから同じコールサインで接続する

備忘録

自分のリンクノードには自分のスマホ(古いスマホ)から常時接続している。なのでリンクノードには古いスマホが接続中と表示されている。

出先から上記自分のリンクノードに他のスマホ(新しいスマホ)から接続すると、リンクノードの接続が古いスマホから新しいスマホに置き換わる。二重接続はしない。

新しいスマホの接続を着ると再び古いスマホに接続が戻る。

注意:同じWiFi上で上記を行うと新しいスマホはリンクノードに接続できない。上記が可能となるのはそれぞれのスマホが異なるネットワークを介してリンクノードに接続する場合のみ。

2022年3月22日 (火)

EchoLinkとWIRES-Xの相互接続(中継)の構成について

EchoLinkとWIRES-Xの中継装置を立ち上げたので備忘録。

今回構築した中継装置の概要はOneChipDesign社のHAMSTIRを使って構築した。

Img06676_small

HAMSTIR ST:EchoLinkのPCからアナログトランシーバーへのインターフェースボックス
HAMSTIR X:インターフェース分配器。2つのインターフェースボックスからのアナログトランシーバーへのインターフェースを一つにまとめて一台のアナログトランシーバーに接続するとともに、2つのインターフェースボックス間の信号中継を行うインターフェースボックス。例えば、HAMSTIR STからのインターフェース信号はトランシーバーインターフェース(Mini DIN 10p)とHRI-200に送られる。

HRI-200はWIRES-Xのインターフェースボックスなので、HAMSTIR Xを使う事で、EchoLinkとWIRES-Xとの間の中継を行うことができる。今回の中継装置ではHAMSTIR Xの先にアナログトランシーバーを接続していないで、EchoLinkとWIRES-X間の中継のみをおこなう。

Photo_20220323094101

この構成ではWindows上でオーディオ入出力レベルのチューニングが必要となる。

HRI-200ではEchoLinkからの受信音声はUSBオーディオ入力で、EchoLinkへの送信音声はUSBオーディオ出力で設定される。

HAMSTIR STではWIRES-Xからの受信音声はPCのMic入力で、WIRES-Xへの送信音声はLINE OUTオーディオ出力で設定される。

それぞれのレベルを調整することで、EchoLink上のオーディオレベルとWIRES-X上のオーディオレベルを調整することになる。

HRI-200でのオーディオレベル調整

送信音は100、受信音は71に設定した。この設定はPC上ではUSBオーディオのスピーカーとマイクのレベル設定にコピーされる。
Wires

EchoLinkからの送信はPCのLINE OUTのスピーカーレベルで設定し、100と設定した。
El_20220322193401

EchoLinkへの受診信号はMic入力としてインターフェースボックスから取り込まれる。ここではレベル100でマイクブースト20dBとした。10dBではレベル不足(EchoLink端末としてのスマホで聞くと音が小さい)で、30dBにすると音が割れてしまう。
El

 

EchoLinkアプリ上での設定

System Setup

HAMSTIR STのLINE OUTケーブルとMICケーブルを接続した端子(Audio Device)をInput DeviceとOutput Deviceに設定する。
Elaudio

Preferences

Allow conferenceにチェックをいれて複数のUserがこのLink Stationに同時接続可能とする。接続可能Station数の上限はとりあえず10とした。
Elconnections

Sysop Setup

RX CtrlはSerial CTSとする。Serial PortはHAMSTIR STをPCにUSB接続した際にデバイスマネージャに現れる2つのCOMポートの内の小さいCOM番号のCOMポートを設定する。今回の構成ではCOM5とCOM6となった。
Elrxctrl

TX CtrlはRTSとする。Serial PortはRX Ctrlと同じにする。
Eltxctrl

IdentificationではDefaultでWhile not activeにチェックが入っているのでこれを外す。そうしないと10分おき(設定値による)にEchoLink上のJA0WBTのモールス信号がWIRES-Xに中継されてしまう。
Elidentity

OptionではAnnounce connectsとAnnounce disconnectsをNoneにする。Noneにしていないと、接続・切断した際にEchoLinkから送信されるメッセージ(例:JA0WBT disconnected)がWIRES-Xに中継されてしまう。
Eloptions

 

WIRES-Xの設定

アナログSQLをNoToneにする。ToneSQLが設定されていると、EchoLinkからの信号が入ってきてもToneが付いていないので送信できない。この場合、WIRES-X上では中継局ノードが緑色のボックスで表示されるが相手に送信信号が飛ばない(トランシーバーが繋がっているノードのトランシーバーは電波を出さない)。
Wires_20220322194701

切断タイマー無効設定とする。
Wires_20220322194702

以上でEchoLinkとWIRES-Xの中継が可能となった。

 

2022年2月10日 (木)

AA-1500 ZOOMのBluetooth

アンテナ・ケーブル アナライザー AA-1500 ZOOMのSetting画面を見ていたらブルーツース 有効/無効の設定があるのに気が付いた。

AA-1500はBluetoothでも接続ができるんだ!ってことで普段AA-1500をUSB接続しているノートPCでの接続を試みた。PCではAA-1500を検出してペアリングが完了した。けれども、、、、

PC上で動いているRigExpertアプリであるAntScopeのSetting画面にはBluetooth接続らしき選択がない。見た感じSerial Portのみのサポートにみえる。選択肢にあるCOM3, 4, 7, 8とも既に構成済みのCOMポートだ。つまりPC上のアプリはBluetooth経由でのAA-1500接続をサポートしていない(と判断した)。
Aa1500bluetooth

いろいろと調べてみるとAndroid用のAntScopeがあることが分かった。さっそくPlayストアからダウンロードしてみる。

AntScopeをスタートすると早速Bluetoothでアンテナアナライザーを探しにいっている。AA-1500をタップすることで接続が完了する。
Screenshot_20220210092059_20220210092601

測定範囲を設定する。
Screenshot_20220210084254

SWRの測定を実行。
Screenshot_20220210084238

放っておいたらBluetooth Timeoutになった。
Screenshot_20220210084445  

以上よりBluetoothはPCアプリではなくスマホアプリで使用する前提のようだとわかった。

昔自分も英語マニュアルを日本語化するときに悩んだけれども(今は会社の翻訳ガイドがあって悩むことはない)、Bluetoothをブルーツースと訳すのはちょっと違和感を感じる。。。。

2022年1月23日 (日)

起動しなくなったWindows10の修復-備忘録

起動しなくなったWindows10の修復を行ったので、その備忘録。

Window10が黒い画面で窓マークと回転マークの表示から先に進まない。途中で電源OFF/ONを行うと自動復旧と自動診断が走り出した。
Img06152_small

結局自動復旧は失敗。
Img06148_small

トラブルシューティングを実行。
Img06149_small

詳細オプションを選択。
Img06150_small

ここから更新プログラムのアンインストールとかシステムの復元とか試したけれどもいずれもNG。
Img06151_small

そこでスタートアップ設定に進む。
Img06156_small

「セーフモードとネットワークを有効にする」を選んで起動する。
Img06157_small

セーフモードでWindows10が立ち上がった。なんとかなりそいう。

コントロールパネルからWindows Updateの追加のトラブルシューティングを実行する。
Img06165_small

何かが破損していたようだ。とりあえず復旧ができた。
Img06166_small

この後、エクスプローラーでCドライブのプロパティからツールを選んでチェックを行う。エラーが報告された。

遅ればせながら、ここでBIOSメニューのHDD診断を行う。HDDはデバイスとしてはちゃんと機能していることが確認できた。
Img06167_small

再起動しても自動修復できないと報告される。Windows Updateの修復だけではだめで、Cドライブの論理修復が必要と理解した。そこで再びセーフモードでWindowsを立ち上げ、コマンドプロンプトで chkdsk c: /f を実行した。Cドライブはブートドライブなのでボリュームがロックされていてこの瞬間修復はできないけれど、次回の起動時に修復を自動実行する。

修復実行中の様子はこんな感じ。ちょっと時間がかかる。
Img06169_small

無事Windows10が立ち上がって、復活した。

結論からするとWindowsファイルシステムが壊れていて(不整合状態になっていて)、起動が出来なくなっていたようだ。なぜ、不整合状態になったかは不明だけれども、とりあえずこの方法で修復できることは分かった。

 

2021年12月19日 (日)

Logger32での自局座標の設定

Logger32での自分の緯度経度設定の仕方がわからなかったので備忘録。

  1. 赤丸のアイコンからLogbook Entry Dialogを開く。
  2. Logbook Entry Dialog内で右クリックしてメニューを表示する
  3. 一番下のSetupを選択
  4. My QTH Lat/Longを選択

Photo_20211219193801

2021年12月 7日 (火)

Chrome Desktopを使ってみた

今までTeam Viewerを個人使用で使ってきた。いろいろと面倒なことが起きたのでChrome Desktopに乗り換えようと思う。

インストールは至って簡単で、Chrome Desktopをインストールするだけ。クライアントからのアクセスはChomeを使う。重要なのは同一Googleアカウントで、サーバー、クライアントともログインするということ。つまり、同じGoogleアカウントでログインしているPC同士はPINコードさえ入力すればリモートアクセスを許可するというもの。

同じGoogleアカウントでログインしていて、Chrome Desktopサーバーとなっているマシーンはクライアントから一覧で見ることができる。
Chromedesktop_20211207110401
ここでログインしたいRemote Desktopを選択すればよい。

ではTeam Viewerの良いところがあるか、自分の過去の利用状況から考えてみた。Team Viewerで使ったのはファイル転送や再起動などだ。それ以外は単純なRemote Desktopとしてしか使ていない。
Teamvieweroption

Chrome DesktopでもCtl+Alt+Delを送ることができるからリモートから再起動が可能だ。
Chromedesktop_20211207110201

ファイル転送もできる。
Chromedesktop_20211207110202

となると、Team Viewerを使い続ける意味があるのか?今の所、それを主張しうるポイントがない。今後はChrome DesktopでリモートFT8運用をおこなってみるかな。

 

 

 

 

2021年8月17日 (火)

Windows10 回復ドライブの作成とBitLocker

新しくWindows10タブレットを手にいれた。この機に回復ドライブ(Recovery Drive)の作成をしてみたので備忘録。

まずWindows10の回復ドライブの作り方。

コントロールパネルを開く。
スタートアップメニュー → Windows システムツール → コントロールパネル
コントロールパネル → システムとセキュリティ → セキュリティとメンテナンス と進む。
画面の下の部分に回復(R)とあるのでそれをクリックする。

1

回復ドライブの作成を選ぶ。

2_20210817075501

選んでから内部処理が進むと、USBドライブをセットするように指示がでる。そこでUSBをセットすると、セットされたUSBを作成先ドライブと認識し、確認画面が出てくる。なので、上記指示が出るまでUSBは差さない。なお16GB以上が必要と表示される。今回は3台のWindows10で同時に実行したけれど、早いマシーンでも回復ドライブ作成に1時間以上かかる。

作成自体は特に考えることもなく3台とも完了した。問題はこれから。回復について。3台のうちの1台のマニュアルに、「回復時にBitLockerキーを聞かれることがある」とある。BitLockerってなんだ???

BitLockerでGoogleってみると、マイクロソフトアカウントに入ってデバイスのBitLockerキーを見るような記載がある。で、ログインして入ってみた。すると登録デバイスが1台だけ表示されている。
Msdevice0_20210817081201

この1台をみると回復キーの管理にたどり着く。これをクリックすると回復キーが表示された。
Msdevice2

 

 

 

このBitLockerって、ドライブの暗号キーらしい。つまり、回復する場合に暗号キーが必要になるというわけだ。確かにキーが無いと回復はできないだろう。でもなんで1台だけしか表示されないんだろう。

そこで3台の違いを調べてみた。3台は、ThinkPad、Fujitsu Windows10 Tablet、Lenovo Windows10 MiniTower。

まず、BitLockerで回復キーが保管されているThinkPad。システムとセキュリティにデバイスの暗号化がある。Tp1

デバイスの暗号化を開いてい見ると回復キーのバックアップがある。見た感じ、Cドライブは既に暗号化済みでそのキーのバックアップについての操作になっているようだ。マイクロソフトアカウントのデバイスで取得できる暗号化キーはこれな訳だ。つまり、暗号キーはマイクロソフトサイトにも保存さているということだ。
Tp2

では残りの2台はどういう状態なのか。Fujitsu Windows10 Tabletをみてみる。ThinkPadとはちょっと表示が違う。BitLockerドライブ暗号化とある。

F2

BitLockerドライブ暗号化をクリックすると以下の表示になった。つまり、BitLocker暗号化が未だされていないということだ。なのでマイクロソフトアカウント上にBitLockerキーがないわけだ。なるほど。多分、暗号化するとキーがマイクロソフトアカウントにも保存されるのだろう。

F3

もう一台のMiniTowerはどうか。こちらにはBitLocker自体が存在しない。つまり、ドライブの暗号化がサポートされていない。なぜ???

Dt1

BitLockerはWindows10の標準機能らいしが、なぜMiniTowerにはそれが無いのだろう?

いずれにせよ、BitLockerで暗号化しているPCは1台しかないので、マイクロソフトアカウント上でも1台しか表示されないんだと思う。ThinkPadのBitLockerキーはファイルは回復ドライブUSBに、更に印刷もして保管することにした。

とりあえずこの先は宿題として、今日の作業記録はここでおしまい。

2021年7月26日 (月)

Wordpress5.8のGutenbergエディターは変??

Wordpress 5.8に自動更新されて初めてページ編集を行ったら、いろいろなところが変わっているというか、今まで使えていた機能がつかえないし、見出しもフォーマットが異なったりしている。

5.7と同じように使う方法が分からなかったのでWordpressのDowngradeを行った。

DowngradeのPluginはここにある。

Downgradeする前の状態はこんな感じ。自動でフル更新をEnableにしてあった。
Wp58

これをPluginを使って5.7に戻す。Settingをクリックする。
Wpdowngrade

ターゲットを5.7に設定し、変更を保存をクリックする。
Wptarget

変更を保存すると以下が現れるので本体(コア)のアップ/ダウングレードをクリックする。
Wpcoreupgrade

以下の画面が現れるので5.7-jpを再インストールをクリックする。
Wp57install

インストール状況が表示される。完了すると以下の画面が表示される。
Wp57upgradecomp

メンテナンスリリースとセキュリティリリースのみを有効にする。
Wp57disableautofullupgrade

既に5.8でいろいろと編集した部分では、5.7では未知のパラメータが入っているブロック(たとえばボタン)があるようで、そのブロックについて問題を修正するか否か聞いてくる。もちろん修正して未知のパラメータは削除する(元にもどす)。

H2が左端に寄るなどの問題はあるが、一応もとに戻った感じがする。

教訓:メジャーバージョンのバージョンアップを有効にしてちゃだめ。

より以前の記事一覧